« 地震で解散を封印しているから民主党は何でもし放題 | トップページ | 最近、テレビが面白くない »

2011年9月 1日 (木)

横浜“モバゲー”ベイスターズ

横浜ベイスターズの売却先を探しているTBSに複数の企業が申し入れてきた

昨年、LIXILに譲渡寸前まで進んだが、新潟へ本拠地移転の条件がネックとなり破談した

新たに買収へ意欲を見せたのが旅行代理店のHISやモバゲーを運営しているDeNA

DeNAは球団経営で知名度アップを目指しているいわゆる“売名行為”だが、そもそもプロスポーツはそういうもの。じゃなければどの球団も企業名をチームに入れない

DeNAがもし横浜を買収したら、やっぱりチーム名に“モバゲー”って入れるのかな?

« 地震で解散を封印しているから民主党は何でもし放題 | トップページ | 最近、テレビが面白くない »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

横浜ベイスターズは昔からセリーグのステークホルダーとして、平松投手のカミソリシュート、遠藤投手のホーク、スーパーカートリオ、マシンガン打線、大魔神など、セリーグのペナントレースを面白くしてきた球団ですね。

「横浜」にあることが大きな球団イメージの定着に貢献してきましたから、まずは横浜本拠地、現チーム名維持、企業名は入れないという先取的な姿勢は保つべき。これはこれからスポンサーになる企業がいたとしても遵守すべきでしょう。これを失うとプロ野球界でのアイデンティティーロスに繋がる。

メディアは軽薄で、つまらないゴシップ記事はわけわからないことがあるが、実際は球団も球場もじつに真摯に経営に取り組んでいるようにみえる。

横浜拠点の企業がメインスポンサーになり、自治体や市民も資本出資した市民球団という経営業態もいいのではないだろうか。

いちばんよくないのは、横浜に所縁が無い無知無頓着無理解の企業に買収されたり、むりやり地方移転に持ち込もうとすること。これは球団そのものを弱くするばかりでなく、プロスポーツ全体の人気や高揚感にも影響をだしかねない。

マクロで全体を見渡した対応が望まれるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519318/41448643

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜“モバゲー”ベイスターズ:

« 地震で解散を封印しているから民主党は何でもし放題 | トップページ | 最近、テレビが面白くない »

フォト
無料ブログはココログ