« 歴史が変わる? | トップページ | 詐欺師かペテン師? »

2011年7月27日 (水)

新進校の明暗

高校野球、岡山大会は関西が春夏通じて初出場を目指す金光学園を延長11回にサヨナラで破り5年ぶり8回目の甲子園を決めた

終始、金光学園が強打で関西をリードし甲子園まで後一歩の所まで迫っていた。9回裏2死。3点リードでランナーなしという状況。ここで金光学園は初出場のプレッシャーに負け、連打を浴びてしまいあっという間に同点

10回、11回とヒットを打つも点につながらず、関西にサヨナラ負けを喫した

一方、熊本では20回目の出場を目指した熊工が0-1で破れ専大玉名が初出場を決めた。徳島では私立の生光学園が決勝に進み、徳島県勢初となる私立校の出場を目指す。長崎の海星は9年ぶりに甲子園へ戻ってくるなど今回は伝統校と初出場が多い大会になりそう

« 歴史が変わる? | トップページ | 詐欺師かペテン師? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519318/40976028

この記事へのトラックバック一覧です: 新進校の明暗:

« 歴史が変わる? | トップページ | 詐欺師かペテン師? »

フォト
無料ブログはココログ